簡易補償形表面温度測定用センサ(熱電対)C015

製品画像製品画像

仕様書はこちらFAQはこちら
本センサは、非接触形の表面温度測定用の熱電対で、近接気体と真温度との差を自動補償する回路とを内蔵しています。
回転ローラ、移動ベルト、プラスチックシートなどの表面温度を測定できます。
  • 常温から250℃ 、または500℃ の温度域を測定距離を一定(1~2mm)にして非接触で測定します。
  • 被測定面温度および測定周辺の温度変化に対し、測定温度を自動的に補償して測定します。
  • 安定化フィルタの採用により、外乱に強く安定した測定ができます。
  • 被測定面の温度や、表面状態等による放射率補正などの必要はありません。
  • 検出素子は、K熱電対を使用していますので、受信計器を特殊にする必要はありません。

機種一覧

名称 形式 測定範囲 補償導線の長さ 概要
標準形 C015-11 常温~250℃ 5m 測定周辺条件に比較的外乱が少なく、また測定距離が1~2mmで一定している場合の測定に適しています。
C015-21 常温~250℃ 10m
C015-31 常温~500℃ 5m
C015-41 常温~500℃ 10m
ディスタンサ付 C015-13 常温~250℃ 5m 測定距離が変動する表面温度に適しています。
C015-23 常温~250℃ 10m

仕様

測温エレメント K熱電対素線
素線径 φ0.1mm
測定範囲 一般用:常温~250℃
高温用:常温~500℃
周囲温度 一般用:max. 100℃
高温用:max. 230℃
測定精度* 測定範囲200℃幅内にて±5℃以内
ただし、測定範囲の中間で補償定数を求めた場合
測定距離 1~2 mm 一定
応答性 約6秒(時定数)
出力信号 K熱電対起電力
出力インピーダンス 15~22Ω
出力安定化フィルタ 0.07 mm厚 アンバーマイカ
接続導線 φ7mm耐熱ビニール導線またはシリコンゴム被覆導線5m(10m)付

※別途、接触式温度計(MC1000等)を用意し、その温度を基準として補正します。
※その他の仕様はカタログをご覧ください。

ページの先頭へ