真空炉用ハーメチック熱電対 CX

真空炉用ハーメチック熱電対 CX

FAQはこちら
真空炉用ハーメチック熱電対は、高温真空炉などで非金属保護管を使用した時に気密性を保つため、端子にハーメチックシールピンを採用しています。
真空炉以外では、ガスパージをする場合(ハーメチックシール部はmax0.1MPaまで)にも使用できます。ハーメチックシールピンは8Pですので最大4対形の熱電対が製作できます。なお、補償導線の接続はコネクタ式です。

仕様

素線 B、R、K、W(注1) 線径φ1.0まで、4対タイプまで製作可能
許容差 B――JIS クラス3
R――JIS クラス2
K――JIS クラス2
N――JIS クラス2
測定温度 素線、保護管種類による
保護管材質 AL(高々アルミナ)SL(純焼結アルミナ)または開放形金属保護管
保護管形状 密閉非接地形(開放形または先端穴加工可能)
アクセサリ 指定による(真空フランジなど)
補償導線接続 コネクタ接続方式

※その他の仕様はカタログをご覧ください。

ページの先頭へ