ソリッドパック熱電対(用途別)NC

ソリッドパック熱電対(用途別)

FAQはこちら
ソリッドパック熱電対(用途別)は、下記3種類の用途別仕様をご用意しています。

焼却炉用

ダイオキシン対策のため、800℃以上で燃焼させる焼却炉用温度センサとして最適な肉厚保護管ですから長寿命(当社比3倍程度)で、交換手間も少なくランニングコストは安価です。
記録計に接続して燃焼証明に使用できます。

仕様

素線 K熱電対
許容差 JIS クラス1、クラス2
測定温度範囲 0~1200℃
保護管材質 ソリッドパック熱電対SUH446(サンドビックP4)

※その他の仕様はカタログをご覧ください。

アルミ溶湯用

  • 炭化珪素外管
    SUS316保護管のソリッドパック熱電対を炭化珪素の保護管に挿填した二重保護管構造でアルミ溶湯に使用できます。
  • 窒化珪素外管
    外保護管に窒化珪素を使用し、従来品よりアルミ溶湯に侵蝕されにくく、高い耐熱衝撃性を有し、予熱なしで溶湯中への侵漬が可能です。高温での耐蝕性、耐摩耗性、強度に優れ、焼却炉、流動床、セメント、アスファルト関係の設備にも使用できます。

仕様

  炭化珪素外管 窒化珪素外管
素線 K熱電対
許容差 JIS クラス1、クラス2
測定温度範囲 0~1000℃
保護管材質 ソリッドパック熱電対SUS316 外管
炭化珪素
ソリッドパック熱電対SUS316 外管
窒化珪素

※その他の仕様はカタログをご覧ください。

耐摩耗形

ソリッドパック熱電対の耐摩耗性をさらに向上させるためタングステン・カーバイト系のサーメット加工をほどこしたものです。硬度75と非常に硬く、過酷な条件下でも長時間使用でき、重油・微粉炭混焼工程の予熱温度測定、セメントキルンのクリンカ部温度測定などに適しています。

仕様

素線 K熱電対
許容差 JIS クラス1、クラス2
保護管外径 φ22、φ15、φ10mmプラス加工厚さ
加工厚さ 1mm以内
溶射材料 W・C系合金
硬度 75(ロックウエル)硬度保持温度500℃まで

※その他の仕様はカタログをご覧ください。

ページの先頭へ