測温抵抗体用接続導線

極細シース熱電対

仕様書はこちらFAQはこちら
測温抵抗体と記録計、調節計などを接続する導線は、測温抵抗体用接続導線を使用します。長い導線を必要とする場合は、誤差を生じさせないため、導線の抵抗値(1m当り)を確認し受信計器の許容信号源抵抗の範囲内でご使用下さい。

機種一覧

種類 形式 許容温度 被覆材質 仕上り外径(mm)
3芯コード WV38 - 20~ 60℃ ビニール φ8
WP38 - 20~100℃ 耐熱ビニール φ8
WP35 - 20~100℃ 耐熱ビニール φ5
WP33 - 20~100℃ 耐圧ビニール(単線3本より) 約φ3.5
WS33 - 60~180℃ シリコンゴム(単線3本より) 約φ3.5
WS36 - 60~180℃ シリコンゴム φ6
WN38 - 40~ 70℃ ネオプレンゴム φ8
WM34 - 50~250℃ テフロンおよびガラスウール編組 約φ4
WF32 -180~250℃ テフロン(FEP)(単線3本より) 約φ2.2
WY34 - 40~ 60℃ 耐寒ビニール 約φ3.8
WY36 - 40~ 60℃ 耐寒ビニール φ6
WL31 - 40~ 70℃ 鉛被覆ネオプレンゴム φ10
WG38 - 20~ 60℃ 内シールド付ビニール φ8
4芯コード WV46 - 20~ 60℃ ビニール φ5.5
WS44 - 60~250℃ シリコンゴム φ4
6芯コード WV61 - 20~ 60℃ ビニール φ10
WN61 - 40~ 70℃ ネオプレンゴム φ10
WS68 - 60~250℃ シリコンゴム φ8
WL61 - 40~ 70℃ 鉛被覆ネオプレンゴム φ12
8芯コード WP81 - 20~100℃ 耐熱ビニール φ10

※その他の仕様はカタログをご覧ください。

ページの先頭へ