耐圧防爆形測温抵抗体 RU, NRD

耐圧防爆形測温抵抗体 RU、NRD

仕様書はこちらFAQはこちら
耐圧防爆形測温抵抗体は、可燃性ガスまたは可燃性液体の蒸気が存在し、引火爆発の危険のある場所において使用する温度センサです。
構造は、ゲージ圧1MPaの内部圧力に耐える耐圧防爆形の端子箱と、絶縁性の良いジアリールフタレート樹脂製端子板、保護管、取付金具、素線または素子と絶縁管からなり、取付金具の種類により、ストレート形、フランジ形、ニップル形があります。

防爆仕様

防爆構造 耐圧防爆構造
爆発等級および発火度 d2G4
使用危険場所 第1種および第2種
リード配線方法 端子箱へ金属電線管をネジ込み接続
電線管ネジ G1/2
接地方法 金属電線管を接地線に代用
工事方法 工場電気設備防爆指針(ガス蒸気防爆)に基づく

測温抵抗体仕様

抵抗素子 Pt100、100Ω at 0℃ 3線式
許容差 JIS クラスA、クラスB
規定電流 2mA、1mA
測定温度 クラスA、B――-200~650℃(JPt100は500℃)
保護管外径 φ3.0~φ16mm
保護管材質 SUS304、SUS316、SUS310S、SUS347

※JPt100も制作可能です。規定電流はクラスB:5mA、クラスA:2mAとなります。

ページの先頭へ