食品内部測定用針状熱電対 SCHS1-7

食品内部測定用針状熱電対 SCHS1-7

仕様書はこちら FAQはこちら
本センサは、食肉、ハムあるいはパンなど食品の内部温度を測定する温度センサです。
先端部は注射針と同じ形状をしており、肉などにさしこんで内部温度を測定することができます。
針状挿入部は100mm、200mmの2種ありますので測定する食品の大きさにより選定することができ、サニタリ加工ですので安心して使用できます。

形式

形式 素線 保護管径(mm) 保護管長(mm)
SCHS1-7 K φ1.0 100
200
K φ1.6 100
200
T φ1.6 100
200

仕様

素線 K熱電対、T熱電対(φ1.6のみ)
許容差 JIS クラス2(但し-40℃以下は3)
測定温度 -50~500℃(φ1.0)
-50~650℃(φ1.6)
-60~300℃(φ1.6) T
保護管材質 SUS316
保護管外径 φ1.6mmおよびφ1.0mm
保護管長さ 100mmおよび200mm
先端部形状 注射針形
素線径 φ0.20mm(外径φ1.6)
φ0.09mm(外径φ1.0)
補償導線 フッソ樹脂被覆
長さ2000mm

※その他の仕様はカタログをご覧ください。

ページの先頭へ