炎越し計測用熱画像カメラ CPA-GF309

CPA-GF309は、ガス燃焼炉・反応炉・ボイラーなどで設備を稼働したまま炎越しの測定ができる熱画像計測装置です。
  • 温度分解能0.015℃
  • 動画収録が可能
  • 通常のサーモグラフィとしても使用可能(-40~1500℃対応)

機種一覧

形式
CPA-GF309

※価格はお問い合わせください。

仕様

温度レンジ -40~1500℃
温度分解能 0.015℃(30℃にて)
精度定格 0~100℃・・・±1℃
0℃未満、100℃超過・・・測定値の±2%
ズーム 連続8倍
検出素子 冷却形InSb
測定波長 3.8~4.05μm
測定視野角 24°×18°(即k定距離0.3m以上)
フレームレート 60Hz
画像データ保存 JPEG、MPEG4、SEQ(カメラ専用形式)
測定表示機能 スポット10点 、ライン1点
エリア5点(最高、最低、平均)
放射率補正 0.01~1.0
インターフェイス USB-mini/USB-A、HDMI
電源 AC電源およびリチウムイオンバッテリ
動作時間 約3時間
使用温度範囲 -20~50℃
外形寸法・質量 305×169×161mm、2.4kg

ページの先頭へ