リレーレンズ式炉内温度監視装置「サーモピクス」CPA-R

CPA-Rは、リレーレンズで捉えた炉内の状態をコントローラにて2次元のカラー温度画像として表示し監視することができます。
  • 広い温度レンジ選択(700~2500℃)
  • カメラユニット+コントローラの簡単構成
  • スポット・エリア・画像処理など充実の解析機能

形式

●カメラユニット
形式 レンズ長 冷却方式
CPA-R□□S04-WNN 360mm 水冷管+空冷管
CPA-R□□S05-WNN 500mm
CPA-R□□S07-WNN 680mm
CPA-R□□S09-WNN 900mm
CPA-R□□S11-WNN 1100mm
CPA-R□□S04-ANN 360mm 空冷管
CPA-R□□S05-ANN 500mm
CPA-R□□S07-ANN 680mm
CPA-R□□S09-ANN 900mm
CPA-R□□S11-ANN 1100mm

●コントローラ
形式
CPG-GMP2R

●カメラ電源ボックス
形式
CCZ-ZRP

仕様

■カメラユニット
視野角度 H96°×V70°(100°レンズ)
測定波長 0.8~1.0µm
測定温度範囲 700~2500℃の範囲でスパン200~500℃程度
温度監視 標準・・・コントローラとの組み合わせ
モニタ仕様・・・アナログビデオ信号を出力
測定精度 上限レンジの±1%(黒体炉にて)

■コントローラ
カメラ接続最大3台
表示器 8,4形TFTカラー液晶(タッチパネル付)
外部出力 接点出力・・・最大40点(オプションユニット含む)
接点入力・・・最大40点(オプションユニット含む)
アナログ出力・・・最大32点(オプションユニット)
使用温湿度範囲 温度・・・0~45℃
湿度・・・20~85%RH(ただし結露しないこと)

ページの先頭へ