株式会社チノー 2018年 新卒採用

特長ある技術と製品

赤外線計測

放射熱 熱が電磁波として運ばれる、どの物体でも起こる本質的な現象

温度計測の方法の一つとして、人の目には見えない「光」である赤外線を利用する方法があります。
その中でも熱分布を図として表す装置はサーモグラフィーと呼ばれ、空港や公共施設で、新型インフルエンザなど伝染性疾患の罹患者を早期発見・感染拡大防止する目的として簡易検査にも用いられています。
一方、測定範囲内の平均または最高の温度を測る装置は放射温度計と呼ばれ、熱電対や体温計のような一般的な接触式温度計では測定の難しい、様々な分野で利用されています。

プラスチック高速測定

左図は移動物体の監視に利用した例です。
ベルトコンベア上を流れるペットボトルの品質チェックを行っています。
また、赤外線は温度計測以外にも利用することができ、粉体などの水分・有機分、フィルム・樹脂などの厚さ・塗工量などの測定に利用されます。

国家標準温度計

国家標準温度計

研究開発分野や工業生産分野において、温度センサの信頼性は非常に重要な要素です。
なぜなら、わずかな温度の違いが研究成果の信頼性や製品の品質に関わるからです。
そのため「校正」という技術で温度センサの信頼性を保証し、社会の発展に貢献しています。

トレーサビリティ体系

校正とは、温度センサが真の温度に比べどの程度の誤差を持っているかを明らかにすることです。
精度の高い校正を行うためには、温度についての深い知見が不可欠で、一朝一夕に実現することはできません。
私たちは数十年に渡る地道な温度や校正技術の研究とその継承を経て、他社に先駆け(独立行政法人製品評価技術機構)より温度センサ校正認定事業者としての認定を制度発足直後に取得しました。
発行する証明書はJCSS校正証明書と呼ばれ、国が発行する証明書と同等の効力を持ちます。米国やフランスといった先進国のみならず、インドネシア、ベトナムをはじめとする新興国でも有効です。
日本を代表する計測器メーカーとして、私たちは国内外の様々な産業で活躍しています。

環境技術

燃料電池による発電のしくみ

水素と酸素から発電できる「燃料電池」という新エネルギーがあります。
燃料電池は家庭用として実用化されつつありますが、さらなる性能の向上のために新材料の燃料電池が日々開発され、様々な条件でのテストが行われています。

燃料電池車

当社は気体の温湿度、圧力、流量等をセンサで制御し、発電量を計測・記録できる燃料電池評価試験装置を開発し、燃料電池の開発をサポートしています。
他にも風力発電、太陽電池の監視などができる機器を開発しています。

製品紹介

記録計   調節計   サイリスタレギュレータ
記録計温度などの時間的変化をグラフや数値で表示・記録します。
測定データは内部メモリーに保存し再生表示も可能です。各種産業の品質管理に貢献しています。
調節計温度などをコントロールします。当社独自の制御アルゴリズムにより、製鉄所など大量のエネルギーを消費する炉の温度制御をはじめ、製造現場の省エネに貢献しています。 サイリスタレギュレータ調節計からの信号を受けて電力を調節し、ヒータなどを操作します。食品加工工場など、加熱を必要とする様々な場所で活躍しています。
熱画像カメラ   放射温度計   燃料電池評価試験装置
熱画像カメラ被写体の温度分布を捉えます。発熱箇所が一目でわかるので、プラントの設備診断や住宅の雨漏り診断、断熱材等の性能評価に貢献しています。 放射温度計対象に触れることなく温度を測れます。鉄鋼、ガラス、セメントの製造現場など容易に触れられない危険な場所で活躍しています。 燃料電池評価試験装置燃料電池開発の基礎研究に用いられています。温湿度計測と制御技術の深い知見を基に、お客様の用途に合わせた装置をご提案しています。
体表面温度チェッカー   ハンディ形放射温度計   制御・監視用パッケージシステム
体表面温度チェッカー人体表面の温度を熱画像センサで測定し、わずか3秒でインフルエンザや発熱のチェックが可能。学校や病院などの公共施設で活躍しています。 ハンディ形放射温度計対象に触れずに温度をわずか1秒で測定します。水洗いが可能で衛生的なため、保健所、レストラン、食品会社、病院、給食センターなどで活躍しています。 制御・監視用パッケージシステムパソコンのディスプレイから様々な場所の制御・監視を可能にします。宇宙開発、医薬品の研究、炉の温度制御や監視など幅広い分野で活躍しています。
水分・厚さ・塗工量計測システム   監視機能付き無線ロガー   CO2モニタ
水分・厚さ・塗工量計測システム食品などの水分量、フィルムなどの厚さ、接着剤などの塗工量を計測します。ポテトチップスや小麦粉、液晶フィルムの品質管理に貢献しています。 監視機能付き無線ロガー無線で温度・湿度をスマートに監視します。研究・低温・高温チャンバーや冷蔵倉庫などで活躍しています。 CO2モニタ二酸化炭素の濃度管理やコントロールを行います。イチゴやキノコをはじめ、ハウス栽培の良好な環境管理に貢献しています。
カードロガー   水中投入形測温抵抗体   アスファルトプラント温度測定用熱電対
カードロガー輸送時の温度データを記録します。多くの運送会社に採用されているベストセラーモデルで、生鮮食品から電子部品まで幅広く品質管理に貢献しています。 水中投入形測温抵抗体水中投入のため完全防水形になっており、チタン製にすることで海水温度測定も可能です。水族館や魚の養殖場で活躍しています。 アスファルトプラント温度測定用熱電対耐衝撃性、耐摩耗性、速感性を高めています。過酷な環境でも安定した温度測定ができ、道路の舗装に貢献しています。
携帯形酸素計   温度校正装置   ソリッドパック熱電対
携帯形酸素計酸素量が少なくなるとランプやブザーが点灯し、酸素欠乏の危険を知らせます。タンク、船倉、醸造施設、コンテナ内など酸素欠乏の恐れのある場所で作業する人の安全に貢献しています。 温度校正装置温度センサの指示値と真の温度とのずれを明らかにします。操作が簡単なため、温度センサを数多く扱う医薬・食品業界をはじめ様々な企業で活躍しています。 ソリッドパック熱電対保護管を厚くし、耐久性を高めてあります。ダイオキシン対策のため、800℃以上の高温で燃焼させる焼却炉でも長く使用でき、ゴミ焼却場で活躍しています。
新卒採用
  • 募集職種
  • 待遇
  • 採用までの流れ
  • [合同・学内]企業説明会
  • Q&A
  • お問い合わせ
エントリーはこちら
  • リクナビへのエントリーはこちら
PAGETOP
個人情報の取扱いについて サイトマップ
会社ホームページへ戻る
株式会社チノー

本社 〒173-8632 東京都板橋区熊野町32-8  http://www.chino.co.jp/

Copyright (C) CHINO corporation. 1999-2013 All Rights Reserved