株式会社チノー 2018年 新卒採用

営業現場と社内研修で製品を学ぶ「製品の取り扱いの幅広さが営業としても武器に」

大口案件を獲得したときの達成感は
忘れられません。


営業先となるお客様は、炉メーカーや鉄鋼関係をはじめ、温度を計測する必要のある工場や企業様、またガスや電力といったインフラ関係の企業様等多岐にわたります。取り扱い製品は多くありますが、営業担当がすべての製品を取り扱います。当然、入社当時の私には製品知識はありませんでしたが、営業現場と研修で製品知識を覚えていきました。

入社時には藤岡や久喜の事業所へ研修に行きましたし、その後も営業部門内での定期的な研修へ参加しています。入社5年を過ぎてもまだまだ覚えることが多く、大変ではありますが、営業するうえでは強みとなることも確かです。温度計測に関係するものは当社で揃えられ、お客様からも「まとめて頼めるならチノーさんにしよう」と言っていただけることもあります。

入社1年目、2年目は単品の機器の納入がメインで、3年目に大口顧客の担当を任されました。お客様と打ち合わせを繰り返し、技術員の協力を得て数千万円もする装置物を納めました。しかし、納めた装置に不具合がありクレームを受けてしまいました。その際素早いフォローを行った結果、かえってお客様と仲良くなれたんです。今でもこうしたクイックレスポンス、少しでも早い対応を心がけています。お客様からいい印象を持っていただけますし、問題点も少なくできますからね。

職務内容

営業スタイルはルート営業と新規営業。日に5件ほど回ります。温度センサなど温度に関係した計測専用機器がメイン商材で、特殊なニーズがあった場合は、可能かどうか設計担当と打ち合わせ、できそうであれば技術担当と内容を詰め、カスタマイズ仕様の商品を作ります。弊社は歴史も長く、お客様と長いお付き合いとなることも珍しくありません。私が新人の頃から担当した工場は、50歳代半ばの上司がやはり新人の頃から出入りしていたそうです。

AM 10:00
AM 8:30 出社 事務処理
AM 10:00 顧客訪問
PM 1:00 商談
PM 3:00 顧客訪問
PM 5:00 帰社 事務処理
プロフィール

東京支店東京営業所販売1課
佐藤 巧

2008年入社。大学では機械工学を学ぶ。高校、大学では弓道部に所属し、オフには当時の仲間たちとの交流を続けている。最近、ゴルフを始めるがスコアは130台と、練習の必要性を痛感。

新卒採用
  • 募集職種
  • 待遇
  • 採用までの流れ
  • [合同・学内]企業説明会
  • Q&A
  • お問い合わせ
エントリーはこちら
  • リクナビへのエントリーはこちら
PAGETOP
個人情報の取扱いについて サイトマップ
会社ホームページへ戻る
株式会社チノー

本社 〒173-8632 東京都板橋区熊野町32-8  http://www.chino.co.jp/

Copyright (C) CHINO corporation. 1999-2013 All Rights Reserved