株式会社チノー 2018年 新卒採用

Q & A

  • Q:新入社員研修はどのようなことを行うのでしょうか?
  • A:集合研修では、会社の概要、ビジネスマナー、社会常識、グループ活動、工場見学などを行います。また、基礎技術研修では、製品に関わる基礎的な技術知識を習得します。配属後は、配属先で業務に沿った研修を行います。入社して3年間は、基礎実務を身につける期間として位置づけられています。

    例:セールスエンジニア(技術営業)の場合
    先輩に同行してマンツーマンで指導を受けます。約半年後に技術知識の確認を行い、その後独り立ちし、営業手当がつくようになります。また、製品に関しては基礎から学べる体制を組み、ステップバイステップで技術面の知識を習得できるようにしています。
  • Q:配属先及び入社後の配置について、どのように行っているか教えて下さい。
  • A:皆さんのご希望の職種及び勤務地を聞き、その希望を尊重しながら個々人の「他の人とは異なった特徴」を最大限仕事に活かせる可能性をもとに、配属先を考えます。また、目標管理制度を導入しており、半年毎に自己目標を立て上司に申告し、アドバイスを受けながら自らの目標を管理し、一人ひとりがステップアップしていくことを目指しています。その際に異動希望なども調査し、希望に対するフォローも行っています。
  • Q:自分の専攻してきた分野がどのように仕事に活かされるでしょうか?
  • A:当社は「これを専攻したから、この仕事」という様な決めつけは行っていません。個々人が学校で学んできたことを自分の持ち味とし、またその専攻分野のセンスを活かし、いろいろな仕事にチャレンジしていただきたいです。
  • Q:どのような社風ですか?
  • A:当社は「測れないものを開拓する」というテーマのもと、常に測れないものにチャレンジし、粘り強く可能性を追及しています。そのため、柔軟な発想力を育む快活な気風と、成果主義による仕事の達成意欲が流れている会社です。また、アットホームで人間的な親しみと連帯感を育む社風です。
  • Q:貴社は、今後どのような分野に進出していきたいですか?
  • A:現在は温度を始めとして、湿度、水分、厚みなどの計測を扱っていますが、今後は、これまで計測できないとされている分野に出ていきたいと考えています。現在の技術では測定できないものを計ることのできる新しいセンサや測定技術をどんどん開発してまいります。また、今までの工業用中心の製品から、民生用の製品にも力を入れていきます。最近では、環境や安全の分野にも製品を供給しています。例えばダイオキシンや騒音の測定、水質や大気などを扱っているメーカーに納めています。
新卒採用
  • 募集職種
  • 待遇
  • 採用までの流れ
  • [合同・学内]企業説明会
  • Q&A
  • お問い合わせ
エントリーはこちら
  • リクナビへのエントリーはこちら
PAGETOP
個人情報の取扱いについて サイトマップ
会社ホームページへ戻る
株式会社チノー

本社 〒173-8632 東京都板橋区熊野町32-8  http://www.chino.co.jp/

Copyright (C) CHINO corporation. 1999-2013 All Rights Reserved