FC評価試験装置 アドバンスタイプ(PEFC用)FC5100シリーズ

本試験装置は、固体高分子型燃料電池(PEFC:Polymer Electrolyte Fuel Cell)小規模の発電試験が行える装置です。 PEFC単セルへ供給される燃料ガス、酸化ガスを加湿供給し、発電時の電圧、電流、ガス温度、セル温度などを測定し、評価することができます。運転前に環境を整えることにより、立ち上げから立ち下げまで自動運転が可能です。DSS(Daily Startup Shutdown)試験にも対応できます。 小規模業務用から家庭用、携帯用をはじめ車載用など幅広い分野での利用が期待されているPEFCの初期試験、耐久試験に本評価試験装置をご活用ください。

  • 電流遮断法付電子負荷を標準装備
  • 測定パターンの自由なプログラム化と保存可能
  • 始動準備後の自動運転可能
  • 定値運転およびガス利用率一定運転
  • 多様なオプションを用意し、発電試験から部品評価まで各業種の研究開発ニーズに対応
  • 露点温度の到達時間の短絡と安定性向上
  • パソコンを組み込んだ超コンパクトシステム

 

仕様

基本仕様

寸法 W600×H1740×D1000mm
塗装色 当社標準塗装(シルバメタリック)
電源 200V AC単相、20A
100V AC単相、5A(パソコン用)
質量 約250kg
  • ガス供給系統
    0.4MPa以上1MPa未満のガスを受け、燃料電池に供給する機能と共に、警報時アノードガス・カソードガスを遮断し、窒素ガスで強制的に装置と電池をパージする保安機能も有しています。

  • 加湿系統
    加湿量(加湿温度制御)は、電池性能を左右する重要な要素です。
    本装置の、加湿器は、測温抵抗体を利用した精密な温度制御を採用し、SUS316製のバブラによる効率の高い気液接触方式や加湿後の再結露防止技術を取入れ、安定した加湿ガスを供給します。

  • 保安系統
    各種警報を監視し警報処理を行い電池の保護と装置の安全を確保します。特に火災事故などにつながる恐れのあるヒータ系統は、調節計の上限警報のほかに独立警報機器を加え2重安全処理を行います。
    異常時は、装置および電池の安全確保のために全ヒータOFF、燃料/酸化剤ガス停止、窒素ガスによる各極の強制パージ、負荷電流「0A」の処理を行います。