走査放射温度計 IRNシリーズ

IRNシリーズは、シリコンCCDリニアアレイを使用して一軸方向の温度パターンを計測する走査放射温度計です。2048画素のアレイなので位置分解能が高く、測定波長が短いので放射率の影響も軽減されます。温度パターン信号は表示処理ユニットで信号処理され、走査方向指定箇所温度やピーク温度などの出力を得ることができます。

 

形式

●検出器

走査角度 形式 価格(税別)
IR-N07□A ¥3,000,000
25° IR-N25□A
50° IR-N50□A

●高速表示処理ユニット IR-EPG

仕様 形式 価格(税別)
ミラーディスクなし IR-EPGSE ¥1,950,000
ミラーディスクあり IR-EPGSN ¥2,350,000

標準測定範囲

  • 500~750℃
  • 550~850℃
  • 600~950℃
  • 650~1050℃
  • 700~1100℃
  • 800~1300℃
  • 900~1500℃
  • 1000~1600℃

仕様

走査方式 一次元固体撮像素子による電子走査
走査角 7゜、25゜、50゜のいずれか選択
走査速度 90回/s
検出素子 CCDシリコンリニアアレイ
画素数 2048個
測定波長 0.9μm
測定範囲 500~1600℃
精度定格 800℃未満…測定値の±1.0%
800℃以上1500℃未満…測定値の±0.7%
1500℃以上…測定値の±1.0%
(ただしε≒1.0、基準動作条件において)
分解能 3℃(測定温度範囲の下限温度において)
1℃(下限温度+50℃において)
出力信号 ・輝度パターン信号(放射率未補正、対温度ノンリニア)
・走査同期信号
測定距離 1~10m(目盛校正はご指定の距離で行います。)
照準 直視ファインダ付
電源 25V DC(変換器より供給)
許容振動 連続で29.4m/s2(3G)以下
接続方法 端子接続(8P)またはコネクタ接続
ただし保護ケース(ハード形)を使用する場合は端子接続のみ
接続ケーブル長 専用ケーブル使用で最長200m
質量 約3kg

※その他の仕様はカタログをご覧ください。