剥離液中成分濃度・濁度測定

 

測定対象;剥離液中の水分、他成分濃度、濁度測定
測定対象;水分0~30%H2O、濁度・・可視領域透過率0~100%(可視RGB出力(0~255、3出力))
         各種成分(0~50%)

計測のメリット;水分が多すぎる能力が落ちてしまうなど、成分計測により最適な剥離処理が可能となり
 ます。またその濁度(汚れ具合)
色濃度3原色R(赤)、G(緑)、B(青)を0~255段階にてリアルタイムで
 出力し監視することが可能で
廃液の目安(環境問題)や、再利用判定にも対応できます。
ポイント;バイパスライン中にセルを設置し、防爆ファイバー形センサを使用し透過式で測定します。
 赤外(水分・成分)と可視(濁度)を1台のセンサでリアルタイムで計測可能です。また
微量な成分を可視
 色濃度
測定により求めることも可能です。