残留溶剤・塗工厚み・硬化度3成分測定

 

測定対象;基材フィルム上の樹脂塗工量、残留溶剤、硬化度
測定対象;
塗工量・・10~300g/m2、残留溶剤・・0~3%、硬化度・・FT-IR分析のオンライン代用
計測のメリット;
塗工量計測による品質管理、コーターマシーンの調整が可能です。
          残留溶剤管理により対環境問題などの品質管理や、ドライヤー乾燥条件設定が行えます。
          硬化度測定により硬化装置へのフィードバック、品質管理が行えます。
ポイント;
1台のセンサーにて3成分同時測定が可能です。また溶剤使用危険場所に対応した防爆タイプが
        使用できます。