ディープフリーザ・超低温フリーザ向け温度センサ

 
クライオバイアル用測温抵抗体R907-3は、-200℃~180℃で使用できる温度センサです。
医療・医薬向けとして展開している製品であり、iPS細胞、生殖細胞の細胞液温監視などに使用されています。また、液体窒素温度(-196℃)や-100℃での校正も可能です。

新型コロナウィルスワクチンの保存に必要な-80℃での温度監視・制御にご活用いただけます。

特長

  • 小形完全防水タイプ
  • 外部からの熱流入を受けにくい構造で、高感度・高精度
  • ふっ素樹脂モールドで、酸・アルカリ性に強い
  • 測定温度範囲は-200~180℃

用途

  • クライオバイアルの細胞液温監視用
  • ディープフリーザの温度制御・監視用
  • 血液冷凍保存温度監視用
  • 低温用配管の温度監視用
  • 防水性が要求される表面温度測定用
  • 酸・アルカリ性液体の温度測定用 など


標準仕様

規格JIS C 1604-1997
素子Pt100
導線形式3導線式
許容差クラスクラスB
規定電流1mA
使用温度範囲-200~180℃
※Pt1000、クラスAはお問い合わせください。

クライオバイアル用測温抵抗体R907-3


用語解説

許容差クラス
測定温度に対する許容差
クラスA:±(0.15+0.002|t|)℃
クラスB:±(0.3+0.005|t|)℃
|t|は、+、-の記号に無関係な温度(℃)で示される測定温度

クライオバイアル
細胞などを冷凍保存しておく容器

ディープフリーザ
細胞や組織の長期保存・保管や成長を防ぐことなどに使用される冷凍庫で、冷却能力が通常で-80℃、超低温タイプでそれ以下の温度制御が可能

関連製品

1台のパソコンで送信器360台のデータを一元管理、イーサネット上に受信器を最大6台接続でき、各受信器は最大60台の送信器を接続可能 Part11対応のセキュリティ機能を持たせたアプリケーションソフトも用意

CISAS/V4は、弊社の記録計、ロガー、調節計および市販のPLC(プログラマブルコントローラ)をシステムコンポーネントとし、各種装置・設備など最大5000タグのデータをパソコンで集録・監視するパッケージシステムです。