突出流体異常温度、材料切れ検知

 

ノズル、突出口から出る材料の監視にお困りではありませんか?
TP−Lが非接触測定で、流れ出る対象物の監視をお手伝い致します。

硬度や粘性のある材料、液体又は流路が細く波打つような対象物の温度や状態を監視する場合、温度センサやSW等の接触方式で管理するには、センサの強度やセンサの位置決め等、頭を悩ます事が多くあります。

流れ出る対象物をエリア内の温度変化で捉え、判定するTP−Lを利用し、温度や突出状態の監視が容易に可能です。

この事例はPDF資料をご用意しております。突出流体異常温度、材料切れ検知(PDF294KB)
使用機器:TP-L0260EN