病院の給食調理設備内の無線温度管理

 

病院の給食調理設備内の無線温度管理

運用状況

従来はハンディ温度計等で冷蔵庫、冷凍庫内の温度を計測し、手書きで記入していたが、温度確認の失念・ 誤確認・誤記を回避するために自動化を行うことになり、ワイヤレスウォッチャMD8000シリーズを導入いただいた。
病院の給食調理設備内の各冷凍・冷蔵庫内にMD8000送信器を設置し、庫内温度を測定・収録し、収録データを事務所のPCに接続した受信器へ無線送信している。また、調理室と盛付・配膳室は室内にMD8000送信器(温湿度センサモデル)を設置し室内の温湿度を測定・収録し、データを受信器へ無線送信し、計20台の送信器データを受信器1台で一括管理している。

採用の決め手

既設の冷凍冷蔵庫にも設置できるシステムである点。
無線でデータ収録でき広範囲だがデータ収集に手間が掛からない点。
万一に備えて温度管理を行っている証明としてデータをCSV定期保存、管理できる点。

運用イメージ

送信器:(MD8001-500、MD8002-500、MD8003-T00)計20台
中継器:MD8000-N00 5台、受信器:MD800R-00U 1台

監視機能付き無線ロガー MD8000シリーズ ワイヤレスウォッチャ

この事例で使われているのは・・・

監視機能付き無線ロガー
MD8000シリーズ

ポイント監視機能付き無線ロガー MD8000シリーズの詳しい仕様はこちら