用途例(食品関連)

 

厨房用温度管理システム

厨房における食材の受入から給食までの温度や時間管理を行えるシステムで、データの計測・監視・記録・保存・検索が容易に正確に行うことができます。HACCPの概念に基づいた管理を行うことができますので、HACCPおよびISO22000への適用も可能です。
  • 作業エリアの温度、湿度や冷蔵庫、冷凍庫、加熱調理機器、チラーの温度はグラフィックレコーダKRシリーズにて計測、表示を行い、CISAS/V4にて集中管理を行います。
  • 警報・異常発生時にメール、電話通報を行うことも可能です。
  • 調理時の食材温度はバーコードリーダーと温度センサを装備したハンディターミナルにより行いますので、誰でも簡単な操作にて正確なデータを取得し管理することができます。
  • 食材配送中の保管温度計測は防滴タイプで水洗いができるカードロガーにて行います。
ライフサイエンスのその他関連情報はこちら