絶縁管

 
絶縁管は熱電対素線(プラス線とマイナス線)の電気的絶縁のためにあります。測温抵抗体では、抵抗素子から伸びる接続リード線(通常はニッケル線)の電気的絶縁を目的としています。

熱電対用

熱電対用は、テフロンチューブ(最高250℃)などの有機絶縁材料もありますが、一般的に高温での使用が多いことから、耐熱磁器製が使用されます。
絶縁管の条件として以下の項目が考えられます。

  • 使用温度および雰囲気において十分な絶縁性をもつこと。
  • 熱的・機械的衝撃に耐える十分な強度をもつこと。
  • 熱電対の金属と反応したり、または侵すような有害物質を含まないこと。
  • 使用中に曲がり・融着を起こさないこと。
形状材質素線外径×穴径×長さ(mm)
丸形1つ穴
ALφ3.2以下1×0.4×100
AL φ0.65以下 1.2×0.8×100
AL φ0.65以下 2×1×100
AL φ1.0 2.5×1.5×100
AL φ1.6 3×2×100
AL φ2.3 5×3×100
AL φ3.2 6×4×100
SL φ0.5 1.2×0.8×100
SL φ0.5 2×1×100
丸形2つ穴
AL φ0.65以下 3×0.8×100
AL φ0.65以下 4×1×100
S φ1.0以下 6×1.5×100
S φ1.6以下 8×2×100
SL φ0.5以下 3×0.8×100
SL φ0.5以下 4×1×100
楕円形2つ穴
S φ2.3 10×7.5×3×34
S φ3.2 12×7.5×4×34
先端丸凹形2つ穴
S φ2.3 12×3×35
S φ3.2 14×4×35
先端丸凹形2つ穴
AL
SL
φ0.5 4×1×6
AL
SL
φ1.0 6×1.5×6
先端丸凸形2つ穴
S φ2.3 12×3×35
S φ3.2 14×4×35
AL
SL
φ0.5 4×1×6
AL
SL
φ1.0 6×1.5×6
丸形4つ穴
(2対式の場合)
S φ0.65以下 6×1×100
S φ1.6 8×2×100
S φ3.2 14×4×30

測温抵抗体用

抵抗体も同様に、3本のNi線の電気絶縁用として、3つ穴の絶縁管を使用しています。
外径×穴径×長さは、φ4×1.0×100、材質はSです。



※材質

AL:55%AlO+残SiO(気密質)
SL:90%以上AlO(気密質)
S:65%AlO(多孔質)

※その他の仕様はカタログをご覧ください。