本質安全防爆形白金コバルトシース測温抵抗体 NR800-6,NR800-7

本質安全防爆形白金コバルトシース測温抵抗体 NR800

FAQはこちら
本質安全防爆形白金コバルトシース測温抵抗体 NR800-6,NR800-7は、本質安全防爆形の極低温用測温抵抗体です。絶縁バリアと組み合せることにより社団法人 産業安全技術協会(厚生労働省指定型式検定代行機関)の本質安全防爆機器の検定に合格しています。
  • 4Kから375Kまでを±0.5Kの精度で測定可能
  • センサ先端の感温部とスリーブの間にφ1.6シースワイヤを使用することで絶縁性と堅牢性が向上
  • シースワイヤは曲げた状態での設置が可能
  • バリアと組み合わせることで液体水素の0種危険場所での使用が可能

仕様

センサ      形式 NR800-6,NR800-7
測定温度 NR800-6:4K~375K
NR800-7:15K~375K
0℃の抵抗値 100Ω±0.15Ω
許容差 ±0.5K
測定電流 1mA
感度 最小0.09Ω/K(12Kのとき)、最大0.40Ω/K
保護管 保護管:カプセル形金メッキ付き無酸素銅
     φ2×30mm
シース:SUS316 φ1.6mm
保護管+シース長さ:50~100,000mm
リード線 4線式ビニール被覆銅導線
長さ:500~600,000mm
防爆仕様 防爆構造の種類 本質安全防爆構造
対象ガスまたは蒸気の爆発等級および発火度 ⅡCT4 Ga
本安回路許容電圧 12.4V
本安回路許容電流 42mA
本安回路許容電力 69,3mW
型式検定合格番号 第TC22088X号

ページの先頭へ