超高温定点黒体炉 IR-R80

IR-R80は、独立行政法人産業技術総合研究所が開発した金属-炭素共晶点を用いた超高温定点黒体炉で、従来銅点(1085℃)までしか達成されていなかった放射温度計定点校正の高温化(2474℃まで)を実現しました。
  • 黒体空洞の開口経φ3mmにより0.65μm標準用放射温度計IR-RST65Hの定点校正が可能。
  • 定点るつぼは1100℃から2500℃の間に7種類用意。
  • 発熱体に円筒面状のカーボン・カーボン繊維複合材を使用することで省電力化。

機種一覧

・炉本体(制御系を含む)
 IR-R80

・定点るつぼ
定点金属 形式
銅(Cu:1085℃) IR-80CU
鉄-炭素(Fe-C:1153℃) IR-80FE
コバルト-炭素(Co-C:1324℃) IR-80CO
パラジウム-炭素(Pd-C:1492℃) IR-80PD
白金-炭素(Pt-C:1738℃) IR-80PT
ルテニウム-炭素(Ru-C:1953℃) IR-80RU
レニウム-炭素(Re-C:2474℃) IR-80RE

仕様

使用温度範囲 1000~2500℃
最高使用温度 2800℃
最長昇温時間 2500℃まで約1時間
定点るつぼ 高純度黒鉛、内容積約4.2cm
空洞放射率 0.9996以上
空洞部形状 φ3×32mm
融解点の再現性 ±0.2℃以内
電源電圧 1φ、200V AC
消費電力 最大12kVA

※その他の仕様はカタログをご覧ください。

ページの先頭へ