高機能形熱画像カメラ CPA-T500シリーズ

CPA-T500シリーズは、タッチパネルの大きな4形液晶モニタと180°回転する光学ユニットを搭載した熱画像カメラです。

  • 10秒から24時間のインターバルでの自動画像保存が可能
  • 光学ユニットが180°回転するため真上、真下方向も容易に測定可能
  • CPA-T530Sは103μm/画素、CPA-T540Sは71μm/画素の顕微計測が可能
    (24°レンズマクロモードオプション使用時)
  • レーザ距離計による自動焦点可能
  • オプションレンズはユーザにて交換可能

 
解析ソフトウェアダウンロード

仕様

機種 CPA-T530□ CPA-T540□ CPA-T560□
検出素子 非冷却マイクロボロメータ
素子数 320×240ピクセル 464×348ピクセル 640×480ピクセル
測定視野角(FOV) CPA-T530S/CPA-T540S/CPA-T560S・・・24°×18°
CPA-T530T/CPA-T540T/CPA-T560T・・・14°×10°
CPA-T530W/CPA-T540W/CPA-T560W・・・42°×38°
可視カメラ 500万画素、LEDランプ付き 熱画像と重ね合わせ可
モニタ 4形液晶モニタ(タッチパネル)
測定温度範囲 -20℃~650℃ -20℃~1500℃
温度分解能(30℃黒体において) CPA-T530S/CPA-T540S/CPA-T560W・・・0.04℃
CPA-T530T/CPA-T540T/CPA-T560T・・・0.03℃
CPA-T530W/CPA-T540W/CPA-T560W・・・0.05℃
精度定格 測定値の±2%または±2℃のどちらか大きい値
測定波長 7.5μm~14μm
フレームレート 30Hz
フォーカス 手動/自動
連続ズーム 4倍 6倍 8倍
空間分解能 CPA-T530S・・・1.31mrad
CPA-T530T・・・0.75mrad
CPA-T530W・・・2.41mrad
CPA-T540S・・・0.90mrad
CPA-T540T・・・0.52mrad
CPA-T540W・・・1.66mrad
CPA-T560S・・・0.7mrad
CPA-T560T・・・0.4mrad
CPA-T560W・・・1.2mrad
画像保存 媒体…SDカード 1スロット
熱画像、可視画像、統合画像(JPEG)
動画MPEG4(温度データなし)
画像注釈…音声、テキストコメント、スケッチコメント
レーザポインタ あり(レーザロケータ―機能:熱画像内に照射点表示)
画像処理機能 ピクチャインピクチャ、MSX  Ultra MAX(T530:307,200ピクセル/T540:645,888ピクセル)
温度表示 スポット、エリア(最高・最低)、ライブモード
通信インターフェイス USB2.0、Bluetooth、Wi-Fi
電源 AC電源およびリチウムイオンバッテリ
動作時間 4時間駆動
使用温度範囲 -15℃~50℃
防塵防滴構造 IP54(IEC60529)
質量 1.3kg
外形寸法 W140mm×H201mm×D84mm