赤外線多成分計(水分・有機分・フィルム厚さ・塗工厚さ)IMシリーズ

IMシリーズは、測定対象が持つ赤外線吸収を利用した水分、有機分、フィルム厚さ、塗工厚さなどの測定ができる多成分計です。近赤外から赤外までの波長域で最大10波長まで使用し、多様な成分量の測定ができます。また、最大4成分まで同時計測ができます。

  • 豊富なインターフェイスに対応
  • RS-485(MODBUS)、イーサネット(LAN)、アナログ出力を搭載しています。
  • 高速・高感度測定、マルチ演算
  • 出力更新周期28ms、および最適な光学設計にて高速・高感度測定が可能。また、演算も2色、3色比率演算の他に、多成分の変動要素まで考慮し最適条件設定が可能な重回帰演算などが検量線ごとに個別設定可能。
  • 自己診断機能を有した、簡易メンテナンス設計
  • モータや電源ユニット、ランプなど、ユーザにて容易にメンテナンスが行えることを考慮した設計。

 

機種一覧

多成分計

名称 形式 価格(税別)
ミラー式反射形 汎用水分用 IRMA1100□□ ¥1,900,000
高水分用 IRMA1200□□
微量水分用 IRMA1300□□ ¥2,100,000
厚さ・塗工量用(近赤外) IRMA7100□□ ¥1,900,000
薄膜厚さ・塗工量用(赤外) IRMA7200□□ ¥2,600,000
ファイバ式(反射・透過) 汎用水分用 IRMA2100□□ ¥1,900,000
高水分用 IRMA2200□□
厚さ・塗工量用 IRMA8100□□ ¥1,900,000
※ファイバ式は別途ファイバが必要です。

設定表示器

形式価格(税別)
IRGMEG3R¥150,000

多成分計仕様

測定方式 赤外線吸収式
測定波長数 最大10波長
測定成分数 最大4成分
測定距離・径 ミラー式: 測定距離300mm(200~400mmにて設置可能)
径50×50mm(ただし測定距離300mmにて)
ファイバ式: レンズ付き…φ20/25mm~φ40/100mm
レンズなし…φ20/15mm~φ50/50mm(透過形は特殊)
出力信号 ①アナログ信号:4~20mADC、±0.2%FS(負荷抵抗500Ω以下)
②通信信号:RS-485(MODBUS)…標準
③イーサネット(LAN)
*③はRS-485と同時に使用できません
出力更新周期 28ms
表示・設定 データ表示、設定値表示、各種設定キーイン可能
検量線 1~3次式および重回帰式
検量線補正機能あり(1~2次補正)
検量線数 99本(最大)
演算機能 2色、3色比率演算、多重回帰演算
スムージング演算 0~99.9秒、任意設定可
キャリブレーション チェッカ板によりキャリブレーション可能
自己診断機能 自己診断異常時、接点および通信出力
補正入力機能 外部4~20mADC(1入力)にて測定データの補正実施(サンプル温度補正、他)
接点入出力 接点入力(Di)プリセット、データホールド、リアル/スムーズ切換のうち選択した1種を接点入力にて実施
接点出力(Do)自己診断機能(1b)または上下限警報(1a)のどちらか選択した機能を出力
使用温度範囲 0~50℃(45℃以上は空冷用エア要。ただし、エアは計装用ドライエアでエア温度約30℃以下)
電源 24V DC
(付属の電源ユニットIR-WEPより供給。電源ユニット:100~120V AC、47~450Hz対応)
消費電力 約30VA
接続 端子接続(電線貫通金物)
ケース アルミ鋳物、防塵・防滴構造(IEC529、IP65準拠)
質量 約4.3kg
取付方法 ボルト吊り下げ方式(M8ボルト4本)
CEマーキング CEマーキング適合
EMC指令 EN61326+A

設定表示器仕様

入力信号 RS-485(検出器から)、最大9台接続可
出力信号 ①アナログ信号:4~20mADC、3出力※(負荷抵抗500Ω以下)
   ※マルチヘッドの場合、検出器番号1,2,3の各1出力
②通信信号:RS-232C、RS-422AまたはRS-485指定
出力スケーリング テンキー設定(0.1ステップ)
出力更新周期 通信出力:28ms×検出器台数
表示 ①測定値表示、□□□□.□(小数点位置可変)
②ヘッド番号、CH.No.、パラメータ表示
スムージングT スムージング演算時のスムージング時間の設定/T=0.1~99.9s
キャリブレーション操作 キー操作または外部接点にて出力チェッカ板挿入時キャリブレーション実施
ホールド・プリセット操作 キー操作または外部接点にて表示・出力をホールドやプリセット
検量線補正 入力された検量線のオンライン補正、1~2次式補正
外部設定機能 ヘッド番号、CH.No.、キャリブレーション、ホールド、プリセット可能
警報機能 設定範囲外にてHCL端子に接点出力(1出力)
自己診断 検出器自己診断異常時、接点出力(1b)、ランプ表示付
電源 100~240V AC 50/60Hz
消費電力 最大15VA
使用温度範囲 0~50℃
ケース ABS樹脂、前面部防滴構造(IP65準拠)
取付方法 パネル埋込取付
質量 約0.6kg

ファイバ部仕様

測定距離・径 レンズ付き… φ20/25mm~φ40/100mm
レンズなし… φ20/15mm~φ50/50mm
ファイバ長 標準1.5m、最大5m(反射形ファイバ時)
標準2m、最大10m(透過形ファイバ時)
ファイバ保護 ステンレス蛇管
最小曲げ半径 R100mm
使用温度範囲 0~150℃
パージエア機能 レンズ付き…パージ機能なし
レンズなし…5~20NL/min
付属品 横取付ホルダ、フランジホルダ